先週、9月21日~22日にかけて、兵庫県神戸市で、ノーリツ社製 太陽光発電
4.56KWシステムの設置工事をさせていただきました。

P1140918  P1140919

秋晴れの良い天気にめぐまれ、気持ちよく工事させていただきました。
朝夕は、かなり秋らしくなってきましたが、日中はまだまだ30°Cをこえており、
屋根の上の屋根材の表面温度は、60°Cになっていました。

P1140937  P1140936

ノーリツというと、給湯器やシステムバスが有名ですが、2年程前から太陽光発電にも進出、兵庫県明石市の工場で、太陽光発電パネルを製造している歴とした太陽光発電の製造メーカーです。

main_swap3    img301

ノーリツといえば、屋根に設置する太陽熱温水器の老舗メーカーでもあるんですが、
最近、太陽光発電パネルと太陽熱温水パネルを同じフレームに設置し、太陽のめぐみを 目一杯利用出来るシステムを発売されました。
このシステムは、他社にはない とてもユニークなシステムで、弊社は、ノーリツの太陽熱温水器の設置IDは、かなり前から取得しているので、太陽光発電と合わせて積極的に取り組んでいきたいと思っています。
*残念ながら、今回の神戸市の現場では、温水器は設置していません。

DSC03859  DSC03825

こちらのお宅は、屋根面が東西に向いた切妻屋根の住宅で、
南向きでない為、発電の効率は少し落ちるんでが、東面と西面の両面に設置ができるので、パネルを多く設置できるメリットがあります。

P1140922  P1140930

DSC03812  DSC03846

DSC03875  DSC03878

今回採用いただいたノーリツのパネルは、多結晶 1枚で190Wを発電できるパネルで、パナソニックなどの単結晶パネルであれば、もっと大きな容量を得ることは可能でした。

しかし、4.56KWでも十分な容量ですし、最大のメリットは価格が安いことです。

今回は、まず最初に、ご予算をお聞して、その予算内で最大の容量のシステムをご提案するという形で進めさせていただきました。

今回ご採用いただいたノーリツ社製のシステムとほぼ同価格で、パナソニック社製のHITパネルを使ったシステムでは、3.72KWの容量となりました。
同じ価格で、ノーリツ製なら4.56KW、パナソニック製なら3.72KWです。
補助金の金額も、4.56KWなら159,600円、3.72kwなら130,200円で、
29,400円も余分に受け取れます。

というわけで、今回は、価格のリーズナブルなノーリツ社製のシステムが
採用となりました。

DSC03805  DSC03819

屋根の設置面が十分でない場合や、少しでも大きな容量を設置したい時は、
単結晶パネルが有利なんですが、今回のように設置面に余裕があり
価格が重視されるケースでは、安い多結晶パネルが有効になります。