6月に入って、早々に梅雨入したので、太陽光発電の工事の段取りが大変です。
天気予報では、雨の確率が高いので、延期したら、結局その日は降らなかったり、
今日は大丈夫だろうと思ったら、大雨が降ったりで、外部の工事屋泣かせな今年の梅雨です。

先週末、枚方市船橋の農業用の倉庫屋上に、パナソニック 6.48KWシステムを、設置させていただきました。
もともとの工事予定日が雨で、その後、田植えと重なってしまったので、田植えが済むのを待って、
やっと工事が終了しました。
10407464_614883401943764_7508910240984351230_n10444518_614883468610424_2240523089742949833_n
この建物の屋根は、金属の折板屋根という屋根で、本来であれば、屋根には穴を開けずに、
この金属屋根を止めている剣先ボルトに金具を取り付けるんですが、
ボルト部の錆の状態があまりよくないので、このボルトは諦めて、新たにボルトを入れ直して、
金具を取付させていただきました。
1922207_564877540277684_453926162_n10394573_614883671943737_7891079801432591276_n

10389694_614883578610413_5154206402649303977_n10374914_614883718610399_6154773615405774673_n

10421989_614883545277083_7107099446822495030_n10385385_614883521943752_6726481933279867569_n

実を言うと、この金具は、パナソニックの標準金具ではありません。
スワロー工業のD-SWAT工法で、取付をさせていただきました。
もともと、パナソニックには、折板屋根用の取付架台の設定がありません。
パネル+パワコン+取付金具のセットでないと、10年の保証を出さないメーカーが多いのですが、
パナソニックの場合は、取り付けに関しては、金具メーカーまたは、施工業者の責任で、パネルの出力保証とパワコンディショナーの製品保証のみ10年保証をするというシステムです。
パネルメーカーの設定した金具だけだと、対応しきれない屋根がいろいろあるので、パナソニック式の保証制度は、とてもありがたいです。