昨日の新聞に、2015年度の再生可能エネルギー、固定買取制度の買取価格案が、発表になっていました。

(2015年4月以降の買取価格)

IMG_0002

個人住宅の10KW以下の買取価格は、37円 → 33円   マイナス4円

産業用の10KW以上の買取価格は、32円 → 27円    マイナス5円

かなり大きな下げ幅になりそうです。

最終は、経済産業省の大臣が、この案を踏まえて、決定を下すということで、まだ、最終決定ではないけれど、概ねこのラインで決定されることになるようです。

産業用は、妥当な感じがするけれど、住宅用は、もう少し高めでいいんじゃないんかと思いますが、仕方がないです。

20150224_s30

 

試しに、最近契約させていただいた現場で、この価格で試算をしてみました。

結果としては、まだまだ、条件の良い現場であれば、設置のメリットは、あるようです。

今後は、この買取価格を受けて、メーカーや我々販売・施工側も、もう一層の努力をしないといけませんが、継続して、『再生可能エネルギー』を普及させるという意味では、妥当な判断ということのようです。