3月の初めから工事にかからせて頂いている神戸市の神戸外国語公立大学様の太陽光発電システムのパネルの設置工事が完了しました。

10418293_349012131956789_4920631455657706031_n          1962762_349012158623453_1800761076633997035_n

京セラ製 250Wパネルを180枚、45,00KWのシステムです。

年間の予想発電量が、46,517KWh、これを全量 関西電力へ販売、1年間の売電によって得られる売電収入が、1,637,398円。

20年間の買取が保証されているので、1,637,398円が、毎年20年間、20年間合計で、 32,747,968円の売電収入が得られる予定です。

10268514_348118338712835_3972222435630174542_n   P1060613

来週からの電気工事の残りと、関西電力の系統接続工事が完了すれば、完成です。

神戸市の本年度会計予算で、工事を行っているので、なんとしても、3月末までに工事を終わらせて、予算を実行しないといけないので、ちょっと、ヒヤッとしましたが、なんとか間に合いそうです。

 

このキャンパスがある場所は、街全体が、都市計画によって造られた街で、まわりに送電用の電柱がなく、送電線は、地中に埋設されています。

発電した電気を、どこから送電線に送るかということの関西電力との協議に、約1ヶ月程取られたので、工事のスタートがきれずに、ギリギリの工事になってしまいました。

11079643_348118578712811_646147523586248312_n          10344812_349012321956770_6053011943303927867_n

 

11080007_348118298712839_5196821376668202881_n   11009870_348118452046157_266504359482388071_n

3月の中頃は、大学様側の入学試験などの行事があって、工事に入れない日が暫くあったり、雨が降ったりで、工事の調整にも苦労しました。

P1080565    P1080571

P1080573    P1080574

P1080577    P1080576

 

現在、兵庫県神戸市の神戸市外国語大学様のキャンパス内で、45KWの太陽光発電システムの設置工事をさせていただいています。

3月早々に、足場などの準備工事からスタートをして、ようやくパネルを一部設置することができました。

1     2

最近、天気が、あまり良くないのと、3月は、大学様側の行事が色々あって、工事が途切れ途切れにしかできなかったりで、ちょっと手こずっていますが、なんとか、期限内に工事を終わらせられそうなんで、少しホッとしています。

3     4

太陽光発電モジュールは、京セラ製 250Wパネルを使用、合計180枚 設置する予定です。

 

今日、大阪府 環境農林水産部 エネルギー政策課の課長さんが、弊社に、おみえになられました。

IMG (2)

 

現在、大阪府では、太陽光発電の設置はしたいけれど、どこへ頼めば良いのかが判らない、という人のために、施工や販売の実績のある業者を、府民に紹介し、太陽光発電の普及を図るという取り組みを行っておられます。

その登録業者を、紹介するパンフレットが出来上がったということで、大阪府庁から、エネルギー課の課長さんが、出来上がったばかりのパンフレットを、届けてくださいました。

P1080462

あいうえお順に、掲載されているので、弊社は、後ろの方の9ページ目に紹介されています。

販売部門と施工部門があるのですが、弊社は、販売も施工も両方、自社で行っているので、販売と施工の両部門に掲載があります

 

IMG_0002 (2)      IMG_0004 (2)

 

 

P1080468

kv_sochiku,0

蓄電池の導入補助金制度が、3月末からスタートをするみたいです。

https://sii.or.jp/lithium_ion26r/

現在、まだ詳細は不明ですが、家庭用は、最大100万円。 事業用については、最大1億円まで、補助が出る予定です。

蓄電池は、現在、実際のところは、補助金を差し引いても、元が取れる商品ではないというのが実情です。

しかし、年々、電気代は上昇する傾向ですし、最近も、長野県で大規模な停電が発生しました。

chiku_top_141119_01

いざという時のために、蓄電池があれば安心ですし、2016年から、電力の自由化がスタートするにあたり、電力会社によっては、蓄電池と電力プランを上手く組み合わせると、電気代の削減メリットが大きくなる可能性もあります。

この補助金制度以後、来年度も補助金があるかどうかは不明ですし、金額も100万円も出るかどうかは、分からないので、導入を検討する必要はあるのかなと思います。

去年までは、『まだまだ高いので、もう少し待ったほうがいいんじゃないですか。』というのが弊社のスタンスで、あまり積極的には、お勧めしていませんでしたが、補助制度が始まるまでには、もう一度、導入費用と導入メリットを見比べて見たいと思います。

mainvisual

 

 

 

 

 

 

還元水素水

日本トリムの水素水整水器の販売を開始しました。

0e27738e-s

詳しくは、こちらのブログをご覧ください。

↓ ↓ ↓

http://blog.livedoor.jp/fowardbhl/archives/51578648.html

 

 

 

 

 

 

 

フォワード-52

先週、枚方つーしんさんが、取材に来てくれました。

紹介のページは、こちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓
http://www.hira2.jp/archives/50353915.html

このページの先頭へ